業務スーパーのオートミールには虫が混入しているって本当?

整腸効果やコレステロール値の改善がある「オートミール」ですが、業務スーパーで購入すると虫が混入していることがあります。

ここでは、どうして業務スーパーのオートミールには虫が混入しているのか?開封後の保管方法などご紹介したいと思います。

業務スーパーのオートミールには虫がいる?

業務スーパーのオートミールには虫が混入していることがあります。

未開封でも虫が混入している場合がある

まず、オートミールは未開封の場合でも虫が混入していることがあります。

その場合は、生産国で袋詰めの時には虫が混入していたのでしょう。

海外から輸入されることが多いオートミールは、WHO「世界保健機関」が設置している消費者の健康の保護・食品の公正な貿易の確保などを目的とした「コーデックス委員会」で適切な農薬の量を決められています。

私たちが安心して口に入れられる農薬量であるというわけです。

定められた量以上の農薬を使用すると健康被害が出るリスクがあります。

反対に定められた量以下の農薬や無農薬で生産すると生産量は減り価格も高くなるでしょう。

つまり、私たちが口にしても問題のない量の農薬で作られているため、虫が混入することがあると理解しておきましょう。

それは、業務スーパーのオートミールに限ってではなく、輸入しているオートミールすべてに言えることなんです。

開封後に虫が混入する場合もある

もしも開封後に虫が混入していた場合は、保存に問題があったのでしょう。

オートミールは袋を数回折り曲げて輪ゴムで止めておくだけでは虫が混入してしまいます。

小さな虫はわずかな隙間からでも混入するため、密閉できる容器や袋に移し替えて乾燥材を入れておきましょう。

そして、冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。

冷凍校に保存する場合は、1回量で小分けにしておくと便利ですよ。

また、オートミールはお米を保存するときに使用する「緑茶エキス」や「唐辛子」配合の防虫剤を使用しても効果は期待できないので注意してくださいね。

オートミールの驚くべき働きとは

「オーツ麦」と呼ばれる麦を食べやすくしたのが「オートミール」。

その効果は、「整腸効果」「コレステロール値の改善」「記憶力を高める効果」「血糖値の上昇を抑える」など嬉しいものばかりです。

整腸効果

オーツ麦の種皮には白米の20倍・玄米の3倍もの「食物繊維」が含まれています。

そんな食物繊維は、腸内に溜まった不要な老廃物を体外へ排出してくれる働きと腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがあるため、腸内の環境を整える整腸効果があります。

その結果、ダイエットや美肌にもつながります。

コレステロール値の改善

オーツ麦には「β-グルカン」と呼ばれる不溶性食物繊維が豊富に含まれており、体内で消化されることなく腸にまで届くため、コレステロールを吸着して体外へ排泄してくれる働きがあります、

さらに、食べ続けることでコレステロールの吸収を阻害する働きもあるので、体内のコレステロール値上昇を抑え安定させる働きもあります。

記憶力を高める効果

オーツ麦には「コリン」という水溶性ビタミンが含まれており、コリンを摂ることで脳内のコリン濃度が高まり、記憶力が高まります。

血糖値の上昇を抑える

血液中に含まれるブドウ糖の量を表す「血糖値」ですが、オーツ麦は体内の糖質の吸収をおだやかにしてくれる働きがあります。

その結果、急激な血糖値の上昇を抑えてくれてくれるうえ、満腹感を感じやすくなるためダイエットにも効果的なんです。

まとめ

業務スーパーのオートミールをはじめ海外から輸入されたオートミールには虫が混入していることがあります。

開封時には虫が混入していないかしっかりチェックしてくださいね。

また、開封後に虫が混入しないためにも密閉容器や袋に保管し冷蔵庫や冷凍庫に保管することをおススメします。

ぜひ、豊富なオートミールの栄養を美味しく摂ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました